社長ブログ
2016年12月15日

景品表示法をご存知ですか。医療

景品表示法をご存知ですか。

医療

景品表示法では、医業・歯科医療・病院・診療所・助産所などの広告は、医療法に定められた事項以外は広告できません。

●禁止されている表示事項 ①虚偽広告 ②比較広告 ③誇大広告 ④広告を行う者が客観的な事実であることを証明できない内容の広告 ⑤公序良俗に反する内容の広告 ⑥品位を損ねる内容の広告  費用を強調した広告等  (例)今なら○円でキャンペーン実施中! ⑦他法令又は他法令に関する広告ガイドラインで禁止される内容の広告  医療用医薬品の広告等  (例)医薬品「○○錠」を処方できます。

ワンポイント、不適切な表示例
「専門外来」 「死亡率、術後生存率」 「著名人も当院で治療を受けております」 「絶対安全な手術です!」 「厚生労働省の認可した○○専門医」 「(美容外科の自由診療の際の費用として)顔面の○○術 1カ所○○円」 「患者の体験談の紹介」 「理想的な医療提供環境です」 「比較的安全な手術です」等 その他、未承認医薬品(海外の医薬品やいわゆる健康食品等)による治療の内容や伝聞や科学的根拠に乏しい情報の引用

参考サイト:医療法(厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/
くれぐれもご注意ください。


ページの先頭へ