社長ブログ
2014年01月10日

2011年の印刷産業、売上高など

●印刷産業の市場規模は5.7兆円

平成24年経済センサス 活動調査 製造業(産業編) 総務省・経済産業省推計の
2011年印刷・同関連業の売上高(製造品出荷額)は、5兆7087億円となりました。

印刷・同関連業は、全製造業において2.0%程度を構成しており
日本の総広告費5兆8913億円、通販市場の5兆4100億円とほぼ同規模の産業となっています。

●印刷産業の1人当たり売上高は1833万円

印刷・同関連業の従業員1人当たりの売上高は1833万円と
2010年の1867万円に比べ1.8%減少しました。

全製造業の1人当たり売上高平均は3685万円。
印刷・同関連業は約半分で、売上高生産性が高いとはいえません。
受注生産で小ロット、製品設計の複雑さや限定的マーケット、
業界内での価格競争激化などが要因と考えられています。


ページの先頭へ