社長ブログ
2016年09月01日

製本の種類、こちら上製本。

IMG_2520

上製本(じょうせいほん)とは、本の中身をしっかりと糸で綴じ、別仕立ての厚めの表紙でくるむ製本方法です。
表紙は中身よりひとまわり大きく作られています。

本体の仕立てによって、背の形が丸い「丸背」、角張った「角背」の2種類があります。
写真一番下が、丸背です。

上製本は、製本方式の中で一番納期がかかりますし、高いです。

最大のメリットは、長期保存にたえられるじょうぶさ。
記念誌や写真集には最適です。


ページの先頭へ