社長ブログ
2015年09月01日

アスセスのしやすさ

製品やサービスの品質による差別化が難しいとき、値下げではなく「アクセスのしやすさ」を向上させる。

当社でいえば、なにか注文したいときに躊躇なくわたしたちを思い出してくれて、連絡がとりやすく、対応がスムーズにできること。
「The Myth of Excellence」

・サービスや製品の品質で差別化ができないとき、「アクセス」を高めることによって、他社と差別化できる。

・アクセスを高めるためには、お客様との関係を3段階に分けて考える。

・第1段階では、お客様が急いでいるときに、スピーディーに買うことのできるサービスと情報を提供する。

・第2段階では、「ボタン1つで買える」など、お客様が使い勝手よくアクセスができるようにする。

・第3段階では、お客様に対して「今こういうものを買ってはいかがですか」などの提案をする。


ページの先頭へ