社長ブログ
2015年07月20日

声の音程と響きの音域を使い分ける

きのうの続きです。
声を放出するときのポイント。

1 声をボールにする

2 相手との距離と方向を確認する

3 伝える内容によって、「情報は当てる」「感情は越える」「情景は当てると越えるを使い分ける」ようにして声のボールを飛ばす。
さらにコミュニケーション技術をさらにレベルアップする、とっておきのテクニックがあります。それは、声を放出する際に、立場や状況に応じた「声の音程」と「声の響きの音域」を使い分ける方法です。

「伝える」ためには声の高低も大切なファクターとなります。

  


ページの先頭へ