社長ブログ
2017年12月22日

第56回福島民報広告大賞「小型広告の部」佳作

福島民報広告大賞審査会が去る11月2日に東京で、クリエイティブディレクター・箭内道彦氏、電通第1CRプランニング局のクリエイティブディレクター・村松秀俊氏、福島民報社の花見政行取締役広告局長ら3名の審査員によって行われました。

12月21日福島市の民報ビルで表彰式が行われました。

 

カラーの部、モノクロの部、小型広告の部、クリエーティブ賞のなか、当社の広告が、小型広告の部で佳作に選ばれました。

「カラー印刷の会社であるのにモノクロ広告とはお茶目でCOLORのロゴが顔になっている所もカワイイ。小型広告としての最小限の要素となる会社名と住所、電話番号、ウェブサイトをうまくまとめ、ロゴのキャラクターに目がいくシンプルな作りが良かった。」

との講評をいただきました。

 


ページの先頭へ