社長ブログ
2015年04月11日

世界の破滅の前にリンゴを植える静かな覚悟をもつ

ある本に、こんなことが書かれていました。

「孤独は真摯さの隣人でもあって、きちんとした生き方を貫こうとしたら、人は多かれ少なかれ孤独を同伴者とせざるをえない」

 

「たとえ世界の終末が明日であろうとも、私は今日、リンゴの木を植える」

ルーマニアの作家コンスタンチン・ゲオルギュの言葉。

明日にはすべてがゼロに帰してしまうのに、今日も何も変わることなく、昨日までしてきた同じことを淡々とこなす。

静かだけれども揺らぐことのない堅固な覚悟を腸に宿すこと。


ページの先頭へ