社長ブログ
2013年10月28日

社長は少しバカがいい。

「社長は少しバカがいい。乱世を生き抜くリーダーの鉄則」
鈴木 喬(エステー株式会社会長)著

読みました。
おもしろかったです。

消臭力、脱臭炭などで有名なエステーの現会長は、イケシャーシャーが信条。
本のなかで、印象に残ったところ。

「生きていれば、失敗もする。間違ったこともする。批判を受けることもある。間違ったことをすれば頭を下げる。失敗すれば原因を明らかにする。だけどいちいち引きずらない。自分をいたずらに責めない。イケシャーシャーと笑う。心の状態がよければ、判断を大きく違えることはない。苦境に立たされても活路を見出すことができる。」

震災であらゆるCMが自粛してACだけが繰り返し流れるなか、エステーが流したのは、少年が消臭力のCMソングをアカペラで歌うもの。「ラ〜ラ〜ララ〜、ララララ〜、……、ショーシューリキー」撮影はリスボン。リスボンはかつて大震災に伴う津波に襲われた過去をもつ街。
日本中を覆う重苦しい空気を、ほんの少し明るくできればとの思いだったそうです。

写真 (4)


ページの先頭へ