社長ブログ
2010年07月07日

福島のくだものはうまいぞぉ! 福島大学と果樹農家が、福島フルーツマイスタークラブを結成

福島は、果物王国。
さくらんぼ、もも、なし、りんご、ぶどうなど、
季節ごとにさまざまなフルーツが一年中とれます。
単品の生産をしている地域は、全国津々浦々ありますが
これだけの種類の果物を、それも全国トップクラスで生産しているのは
とてもまれなのではないでしょうか。

こうした福島県産の果物の魅力をもっと全国に発信しようと
福島大地域ブランド戦略研究所
(福島大学の西川和明教授(経済経営学類)が代表)は、
福島市内5軒の果樹農家と「福島フルーツマイスター・クラブ」を結成しました。

ホームページをのぞいてみてください。
http://www.brand-management.jp/index.html

インターネットによる全国販売もしています。
お中元の時期です。特に県外の方々へおすすめします。

個人的にも、県外の方へ福島の果物をお届けするとたいへん喜ばれます。
よろこんでもらうと、あらためて福島が好きになったりします。

これからは、ももの時期です。
果汁が多く、とっても甘いもも、おいしいですよ。

2010年07月03日

Tシャツ、トートバッグ、お菓子のパッケージ

月次の営業会議のなかで、6月に納品となった商品を紹介しあいました。
その中でも、紙への印刷以外の商品をご紹介します。

一つ目は、宮城県大河原町消防団のTシャツ。
当初はデザインのみの受注でしたが最終的には
シルク印刷までしての納品となりました。

二つ目は、福島市内の学習塾、名城塾様の袋。
ノベルティグッズを取り扱っている会社へ
協力をいただき、名入れをして納品でした。

三つ目は、郡山市のおからハウス金龍の「豆畑家のカリ子」
お菓子のパッケージです。
デザイン支給で、当社はレイアウトと印刷用データの制作をしました。

消防団のTシャツです。提案した数パターン、どれも気に入ってもらいましたが、これに決定しました

消防団のTシャツです。提案した数パターン、どれも気に入ってもらいましたが、これに決定しました


塾に通う生徒さんに利用してもらうトートバックです。じょうぶな素材で、おかあさんの買い物にも使ってもらえるかも!?

塾に通う生徒さんに利用してもらうトートバックです。じょうぶな素材で、おかあさんの買い物にも使ってもらえるかも!?


「おからハウス 金龍」で検索するとネットショッピングもできます

「おからハウス 金龍」で検索するとネットショッピングもできます

by 福島カラー印刷

2010年06月24日

感じるこころ、表現することば

当社の社内日報は、時に、感受性があふれるときがあります。

当社の階段は数段おきに、
小さな花瓶にそれぞれ趣きの異なる草花がいけてあります。
そして、鏡の前にはきれいなあじさい。
それを活けてくれているある社員の昨日の日報です。
——————————————————————————
6月も後半。2010年も半分終わりですね。
月末もてきぱき仕事を進めて行きたいと思います。

お昼に歩いていて、運動公園近くの光景です。

追う烏 逃れる雀 夏木立

どちらにしても生きているものすべて必死です。
葉っぱが生い茂った木々にうまく隠れた雀に拍手でした。
——————————————————————————

2010年06月16日

もてなしのかくれ家すわや、グランドオープン

まいみん彩6月号でもご紹介しました玉川村のすわや様が
施設を改装して、6/12(土)グランドオープンしました。

オープン2周年。
日本料理と放射能線のお湯を軸にしたおもてなしを提供してきました。
地元建築会社の二瓶工務店様の協力を得て
いままでよかった部分をさらによくしていき
さらに、お客様によろこんでほしい、の思いで改装、
今回のグランドオープンとなりました。

6月末までの期間限定で
「日帰りプラン(会席コース)通常6,500円を1,500円引きの5,000円〈要予約〉」が大好評です。

これから最高の季節をむかえます。
四季折々の豊かな自然に囲まれながら
おいしいものを食べ、お風呂でゆっくりくつろいでいただける
「もてなしのかくれ家 すわや」
ぜひ、足を運んでみてください。

古民家の風合いをのこしつつ、上品なおももちとなりました

古民家の風合いをのこしつつ、上品なおももちとなりました

料理はかわらず、一品一品満足できる味と彩

料理はかわらず、一品一品満足できる味と彩

2010年06月15日

和の菓子たけだ様の日よけのれん

弊社営業社員がいただいた、お客様からのうれしい声です。

まいみん彩でもおなじみの和の菓子たけだ様。
先月、店頭の日よけのれんを制作納品させていただきました。

先日別件で、納品にお伺いしたら、
奥様が対応してくださり
「のれんのおかげで売上が上がったって、主人が言えって(笑)。」と言っていただけました。

担当営業社員は、このたけだ様の案件が初めてののれんづくりでした。
打合せや外注先とのやり取りに時間が掛かったり
段取りや進め方が、よくなかったなあ、と反省しきりで
納品後も「満足していただけたんだろうか」と不安だったそうです。

ご主人も奥様も、気を遣ってくれて、そういう声をかけてくれたのだろう思いますが
この営業社員は、胸のつかえがとれてうれしかったそうです。

お客様に励まされて、支持されて、わたしたちは仕事をしています。
ありがとうございます!

おかし大好きのこの営業社員がたけださんで一番すきなのは、
上品な甘さが特徴の上生菓子。
白あんをまめから炊いているので素材の味がひきたっています。一度に6個食べたことがあります。
甘納豆もぜったいおすすめだそうです。

和の菓子 たけだ
郡山市大槻町字上西田42-7
024-952-8381
営業時間 09:00~18:00
定休日 毎週木曜日・第1水曜・第3日曜
_mg_0820

235 / 235« first...231232233234235
ページの先頭へ