MESSAGE私たちの思い
ひとの思いを繋ぐ担い手としての
可能性を追求しつづけます。

福島カラー印刷は、2017年創業35年を迎えました。
当社はこの30年、時代の変化とともに、印刷という商品を入り口とした「印刷ビジネス」を展開してまいりました。
ここ数年は単なる「印刷製造業」から、コミュニケーションプロバイダーというひとの思いをつなぐ担い手としての役割が求められています。
ひとの思いをつなぐために、当社がなすべきこと─。
それは、常にお客さまによりそい、どんな小さな声にも耳を傾け、その思いを叶えるためにお客さまの立場になって力を尽くすことです。
変化の激しいこの時代にしなやかに対応し、アクティブに動き回る実行力を絶えることなく持ちつづけお客さまといっしょになって、真剣に思いを込めて仕事を組み立てることです。
ひとはひとの思いに触れ、心を動かされ行動を起こします。
夢や目標を叶える原動力となるのは、ひとの思いです。
その思いをつなぎ合わせ、さらなる可能性を広げるために、心で感じ心に響く仕事をしともにこの時代を歩みたいと思ってもらえる会社であり続けることを目指してまいります。

代表取締役   渡辺 泰子
基本理念
7つのカラー
経営指針

ひとの思いをつなぐ担い手として、印刷を中心に
コミュニケーションビジネスの発展性を追求しつづけます。

行動指針
  • Function(社内)

    「できること」を増やし、質を追求しどんなことにも果敢に挑戦する意志と能力を高めつづけます。

  • Comfortable(お客様)

    常にお客様の立場になって考え、行動し長く心地よくおつきあいできるご贔屓さまを増やしていきます。

  • Partnership(パートナー・ネットワーク)

    パートナーをだいじに、協力しあい豊かで質のいいネットワークをつねに広げていきます。

ページの先頭へ