仕事は、空を飛ぶのと似ている

もう3年も前に、「境界知のダイナミズム」(瀬名秀明 著)のなかで、小型飛行機の免許取得経験について書かれた文章を紹介しました。

今、自然とこの内容が思い出されてきました。
————————————–
空の上は三次元の世界だ。最初のうちは違和感の連続で、どこに目を向ければいいのかさえわからない。
飛行機の動きが自分の身体と馴染めず、気がつくと手ががちがちに固まっているということもしばしばだった。

安定させようとして押さえつけてしまうために、かえって飛行機は安定性を崩す。
回復させようとしてさらに機体が揺れる、という悪循環に陥る。

「飛行機に乗ると、誰でも半分のインテリジェンスしか発揮できない」と聞いたことがあるがまさにその通りで、これに英語のコミュニケーションが加わると、自分でも信じられないほど判断力が低下する。

しかし訓練を重ねるうちに、少しずつ自分の身体から力が抜けてゆく。
操縦桿を強く握りしめる必要はない、親指と人差し指でつまむ程度で構わない、と気づく頃には、ようやく周囲の状況が見えてくるのだ。

ちょうどそれは、自分と機体の間で閉じていた世界が、次第に窓の外へ、ラジオコミュニケーションの向こうへとひろがっていくような感じである。
————————————–

この文章を読んでイメージするのは、新たな仕事を始めたり、人とのつながりができて、自分の世界がぐーっと広がるときのこと。

慣れ親しんで、反射のように動けていた日常から、それまでとは異質の状態に放り込まれたとき。
いままで地面ような二次元世界から、空のような三次元世界にほうりだされたみたいな感じ。
「あれ、どっち行けばいいんだっけ?」
「あれ、今どこにいるんだっけ?」
「そもそもなにをしようとしていたんだっけ?」

自分は絶対的に変っていないのに、世界が変ると自分を見失ってしまうことがあります。

社会生活を日常化、習慣化していくのは、単なる慣れではなくて、感覚を再構築して新しい世界に適合していくことなのだと瀬名さんは書いています。

会社の中の自分も、まわりの変化とともに動かなければなりません。
感覚を再構築して、新しい世界に適合していくのです。

さて、楽しんでいきましょう。

校正記号表

校正記号表、このルールに基づいて校正しようと、一度は覚えたはずなのに、全くといっていいほど使っていない現実。

暮らしを彩る畳のある空間 松浦畳店

得プレふくしま6月号(5/27発行)の特別号に掲載の松浦畳店さん。
二本松で創業90年を超える老舗です。

畳を作る素材(へりや表)を使用した小物も作っていて、お仕事をさせてもらったお客様に差し上げるだけだったそうです。完全オリジナル一点もの。ずっと販売は控えてきましたが、最近では「買いたい」お客様が増えてきたので販売もしているそうです。

このバッグ、ご主人のご好意に甘えて、頂いてしまいました。

ビックリするほど軽いんです。エアー感といってもいいくらい。ふわーっと。
バッグって、どんどん中身がかさんでいって重くなりがちですが、これなら元がかるーいから、長時間もってあるいても腕が痛くならなそうです。
それに、型が崩れない。きっと素材がしっかりしているからなんだと思います。

得プレふくしまに掲載のあと、年配の男性営業マンが「男性用はありますか」と、ふらっと立ち寄ったそうです。今は作っていませんが、ぜったい男性用バッグもいいと思います。

あ、そうそう。小物だけじゃなく、イチオシはヘリのない薄畳です。
色も豊富で、どんな部屋にも合います。洋間にも合うんです。

松浦畳店
TEL0243-23-0673
二本松市若宮1-202
8:00-18:00 日曜祭日定休

こちらのホームページもご覧ください。
http://matuuratatami.sakura.ne.jp/

40代以上女性の消費行動ご存知ですか?

年を重ねてきた女性は、これまでの人生で様々な経験を積み、物を見る目や価値を理解する力が養われています。40代以降は「こだわりの大人女性」なのです。

•こだわり1 「上質であること」
 こどもだましの宣伝には見向きもしません。品質を重視し、ワンランク上のものに惹かれる傾向が強いです。大量消費より「上質なものを少し」という欲求が高いです。

•こだわり2 「有意義であること」
 「時間を有効に使う上で役立つものであるか」という意識が強く、物を消費するだけでなく、それを利用することで心の満足を得る時間を消費したいと思っています。

•こだわり3 「健康に良いこと」
 40歳を過ぎると健康に対する不安が、少しずつ増えてきます。健康で自立した生活を長くつづけられるかは、大人女性の消費意欲を刺激するには欠かせない要素です。

•こだわり4 「信頼できること」
 納得感さえ得られれば、高価な商品にも出費は惜しみません。そして、商品の背景にあるストーリー性は、信頼できること、上質であることにも通じるにこだわりです。

当社の新聞折込媒体「まいみん彩」の読者層は、これらの「こだわり1〜4」にマッチした商品・サービスの情報をもっとも欲しています。

http://f-color.biz/saikodawari

まいみん彩(新聞折込媒体)の特性=新聞購読の40代=情報活用力が高い、経済的に余裕がある、
しっかりした家庭環境=じっくり読む、写真もしっかり見る、理解してもらえる、ストーリーが伝わりやすい。