ホームページ営業電話は、突然に! 5回シリーズ(3回目)

(昨日のつづき)

「うちの会社、福島カラー印刷のホームページ見てもらえてるんですよね? けっこうなページ数で、これ無料でリニューアルってたいへんですよ」と言ってみると、「しっかりヒヤリングして作っていきますから大丈夫です」と心強い返答。
でもたいてい営業って、「大丈夫」って言うんです。
わたしもついつい、「大丈夫です」って言っちゃいます。
今電話で話しただけのあなたにその力があるのかどうか、わたしにはわからないけれど、でも、大丈夫なんですね。

「無料っていうのがひっかかります。他にお金が掛かるものってほんとにないんですか?」
「ページ制作に関しては、ほんとうに無料です。ただ、サーバーは、当社のものを使いますから、サーバー料だけはいただきます」
なるほど。ということは、初期無理してやっても、年額の売上は立っていくんだね。
まあ、でも年数万だったらいいのかなぁ。

「来週伺いますので、実際に会って、営業としてのわたしとも相性が合うかどうかみてください。その上で、決めていただければけっこうです。でも、距離的にも遠いですし、わざわざ行くわけなので、その当日、やるかやらないかを決めていただきます」
「そうでうよね、遠いですよね。もしやることになったら、通うのたいへんですよ。都合あわせるのだってね」
「ある程度しっかり時間をとっていただいて、ヒヤリングも行います。その上で最適な提案をし、進めていきます。基本的に訪問は1回です。あとは、電話やメールでのやりとりで、大丈夫です。他の会社さんもそうしています」

いい営業マンでした。話しもわかりやすいし、いい感じだったし。クロージングをしっかりやる人、けっこう好きです。やるかやらないかは人を見てからきめればいいかと、来てもらう日時を決めて、電話を切りました。

(明日につづく)

ホームページ営業電話は、突然に! 5回シリーズ(2回目)

(昨日のつづき)

ホームページ制作運営会社からかかってきた「御社のホームページを無料で制作します」
という電話の内容は、

その会社さん、関東ではいくつもホームページの実績があって、実際に制作した事例も自社ホームページにアップしていて、その事例集自体が営業ツールになっているわけです。
電話で話しながら、ホームページを見ました、業種もいろいろ手がけていて、デザインもとてもよかったです。
これから、福島県をはじめ東北に営業範囲をひろげていきたい。そのために、事例がほしい。
福島での営業をするにして、エリアの実績がないと、なかなか話しすら聞いてももらえない。
自社の商品サービスもいいし、対応もしっかりしているので、まちがいはない。
ただ、実績がたりない。
今回無料で福島カラー印刷のホームページも制作するので、事例として使わせてほしい。
それが条件、とのことなのです。

うちの会社、福島カラー印刷でもホームページは作れます。
リニューアルしようかという話しもでています。
でも、その話しがでてから早3ヶ月。動かせてないのが現状です。
他社のホームページは作れても、自社のものに着手するのはなかなかたいへんです。
急を要するわけでもないし、今のものが「悪い」わけでもないし。

他の仕事を忙しくやっているなかで、「うちのホームページ、今月中にリニューアルして」なんて言えないですし。
「どんな内容にするか、方針が決まらないとできません。社長、原稿だしてください」って言われそうだし。
他の会社で作ってくれるんなら、それでもいいかな、と思ってしまいました。

(明日につづく)

ホームページ営業電話は、突然に! 5回シリーズ(1回目)

営業の電話は、いつも突然です。
最近多いのは、LED照明レンタル、証券会社、そしてネット系。
よっぽどでない限り、話しを聞いてみることにしています。

わたしもかつては、よく電話でアポ取りをしていましたので、そういう仕事をする人のたいへんさもわかりますし、同じ人間ですから、邪険にもしたくないですし、なにより、電話営業の勉強になるので、いいかなーと思って話しを聞いてみます。

「そんなこと言われたら、すぐ切りたくなっちゃう」とか。
「この人、早口でなに言ってるかわからない」とか。
「こんな言い方すると、話しをきいてみてもいい気がするなぁ」とか。

先日も関東のホームページ制作運営会社から「御社のホームページを無料で制作します」という電話がかかってきました。
「ただほど高いものはない」
そんな言葉が脳裏を横切ります。でも、好奇心もあり、聞いてみます。
「どんな話しなんだろう」

(明日につづく)

日本音楽コンクール受賞者発表演奏会

先週21日に、音楽堂で「日本音楽コンクール受賞者発表演奏会」がありました。
これは、毎日新聞主催、三宅新聞店共催で実現したもの。

まあ、すばらしい演奏でした。この演奏会は、なんと無料。三宅新聞店の新聞購読者に感謝の意を込めてとのことなのです。
当社では、演奏の前に出演者に取材をさせていただきました。この内容は来月8月末に発行される「三宅情報ステーション」で読むことができます。

写真は、演奏会のあとの懇親会の様子です。
たのしい時間を過ごさせていただきました。

音コン

おもしろかった本、知識創造経営のプリンシプル

郡山中央図書館が、8月下旬から改装工事のため1年ちょっと閉館になります。
「えっ、そうなったら、どうすればいいの?」
という感じですが、それまで、読みたい本だけを絞ってかりようと決意したわたくし。

「賢慮資本主義の実践論」 野中郁次郎/紺野登著
こちらおもしろかったです。
人間中心の精神・価値観に基づいた経済や経営のあり方を論じています。

IMG_2402