須賀川・鏡石 地域みっちゃく生活情報誌 月刊「すかっと」創刊

ついに発行されました!
須賀川市・鏡石町の各家庭に毎月無料配布
「地域みっちゃく生活情報誌 月刊 すかっと」
地元の人・歴史・文化を毎回クローズアップ。
巻頭特集は必見です。
グルメやエリア情報など、地元の生活情報を無料で各戸配布します。
まちのお店の割引クーポンもたくさん掲載されていますよ。

総発行部数 32,000部

月刊すかっと編集室 (エリア・マークス株式会社)
TEL.0248-94-7030
須賀川市前田川字草池22

IMG_2126
IMG_2125

キジが、ケンケン鳴いてます

会社近くのあづま総合運動公園。

あさ散歩してると、キジがケンケン鳴いてます。

その度に頭に浮かぶのが、このフレーズ

「キジも鳴かずば撃たれまい」
日本昔話で見たんだったか。

無用なことを言って災いを招くことのことわざですね。

  

既成概念とは。

ある本に書いてありました。
既成概念とは。
1. イメージの限界が自分の限界になる。

2. 可能性を広げるには、想像力を鍛えること。

3. 不可能とは、既成概念によって、いつも自分が勝手に決めつけているに過ぎない。

4. 自分で創ってしまった自分の限界は、常に破り続けなければならない。

5. 既成概念は弱気な心のアドバイザーだ。

本のもくじは、ことばが凝縮されています。

もくじがおもしろそうだと読みたくなります。

内田樹の本も、もくじがおもしろいです。

「街場の共同体論」より

・親子関係がむずかしいのは、今に始まったことじゃない
・「圧倒的な支配力を持つ母親」の誕生
・「コンビニの店員」化する教師たち
・人を傷つけたときの全能感
・ヴァーチャルが実で、リアルが虚ろな人たち
・遊びは、身体と想像力の共同化作業だった
・幼児は「かつての私」、老人は「未来の私」
・ほんとうの人間的能力は「事後」にしかわからない
・「ラッキーな先達者」を探す女子たち
・年長者たちが「ブラック企業」化している
・成功している人は「自己決定」しない
・「自分探し」という自滅的なイデオロギー
・自分に「居着かない」開放感
・「この人についていっても大丈夫」という確信

image