あったかくなると血圧が下がる、上がる

もともと低いわたしの血圧は、
気候があたたかくるなるとさらに低くなる。
80台なんでザラ。
郡山営業所の志村さんは高血圧。
ひどいときはわたしの倍にもなる。
この季節にかかわりなく、汗が吹き出している。
せかせかせている。
声もおっきい。
カラダも熱いんだろうなぁ、汗かくってことは。

わたしは通常熱くない。
彼が羨ましいような、羨ましくないような。

with C

生活者主導社会時代は「with C」
「C」はコンシューマー、生活者
あるテーマに向かってモノをつくるにしても、
企業とかメディアとか広告会社といっしょに考えていくこと。

B to C から B with C

川名 周

デジタル化の進展、3つの方向

1. リッチコンテンツ
情報の量と質が増えるということ。
生活者側が「選択」する機会が増えた。

2.ユビキタス
情報消費のタイミングが自由になったということ。
生活者側にも情報の編成権•編集権の一部が移ってきている。

3.インタラクティブ
情報の発信というポジションを生活者側があらためて持った。
もともとクチコミはあったが、プログやSNSを通して、
生活者が「書き手」に回った。

この3つの変化を踏まえて考えると
生活者主導の情報環境が出現したと言える。

川名 周(博報堂)

51%の過半数

世論は過半数の51%を超えると
そっち側にもぐわぁ〜って寄るって。

ペットになりたい

香山リカのある本に書いてありました。

新聞に「ままごと」の記事があって、
かつては「お母さん役」が人気だったのが、
いまは「ペット」が人気なんだそうです。
「ペットになりたがる子」

香山さん自身も大学教えている学生に
「いま何にでもなれるとしたら、何になりたい」
を問うことがあるそうです。
ここ数年の不動の一位が「ネコ」。
偉人や尊敬する人ではなく、ネコ。
イヌも多いんだとか。

誰からもかわいがられ、何の心配もいらないように見えるペット。
そういう生き方をしたいと思う気持ちの奥には、
安易に「なんだそりゃ」と片づけられない要因があるようです。