ひとに仕事をあわせることができれば

郡山女子大の学生さんを対象とした
マイナビ主催する企業説明会が先日おこなわれました。

当社はここ数年中途採用のみで
新卒者へのアプローチはしていませんでした。
しかし、今回お声がけもいただので参加してきました。

中小企業が新卒者を採用するのは難しいと、正直思います。
当社もいままでの歴史のなかで、新卒者を採用し、
今現在のこっているのはほんの数名。
「新卒者は3年以内に辞める」という定説が
そのままあてはまっています。。

わたし自身、採用や教育に関してさまざまな失敗もし、
今思うのは「仕事にひとを合わせる」のではなく
「ひとに仕事をあわせる」ことができるといいということです。

「どんなひとでも仕事ができる組織のしくみづくり」がだいじだと。
「理想と現実は違うよ」「きれいごとだよね」
そういわれたとしても、理想を持たないことには
そこに向かわないのだと思います。

雇用の創出はとってもだいじ。
働く場はなにがなんでも大切だと、最近強く思うのです。

Comments are closed.