社長ブログ
2015年10月28日

37%しか組織の目的を理解していない

スティーブン・コーヒーの「The  8th  Habit(8つめの習慣)」より

23,000人を対象にした調査の結果

・自分の属する組織がどのような目的をなぜもっているのか理解していると答えたのは37%にすぎない。

・組織の目的を達成するために自分の役割がわかっていると答えたのも5人に1人

・組織を十分信頼していると答えたのは20%で、他部門と協力的な関係を築いていると答えたのは13%
サッカーチームに当てはめて考えてみると

「11人のプレーヤーのうちどちらが自分のゴールかわかっているのはたった4人。自分がどのポジションで、何をすればよいのかわかっているのは2人。9人は、敵とではなく自分のチームのメンバーと戦っている」ようなもの。


ページの先頭へ