社長ブログ
2015年09月29日

誰に伝えたいのか。

フォルクスワーゲンが世間を騒がせていますが
かつて、BMWではこんな広告を出したことがあります。
とってもすてきなコピーです。
こういう人に乗ってもらいたい、と主張しているわけです。

「人生に多くのことを求める人へ、BMW。」

大人の哲学を持ち、   子どものような純粋さを持つ人。
主流なのに、      心は反主流である人。
スーツを着こなすが、  ジーンズもはきこなす人。
人生も語れるが、    ジョークもうまい人。
有意義も好きだが、   無意味なことも好きな人。
ワインにも詳しいが、  恐竜にも詳しい人。
常識は持っているが、  決して縛られない人。
ITには強いが、     手紙は万年筆で書く人。
家庭を愛しているが、  時には家庭を忘れられる人。
孤独も好きだが、    社交も上手な人。
常に冷静だが、     時に情熱的になれる人。
クラシックも聴くが、  ロックも愛している人。
自信はあっても、    過信はしない人。
美術館にも行くが、   ジムにも行く人。
協調もできるが、    反論もできる人。
夜更かしはするが、   朝きちんと起きる人。
守るものが多くても、  冒険できる人。
部下には優しいが、   上司には厳しい人。
食べるのも好きだが、  料理もできる人。
上質にこだわるが、   贅沢は好きじゃない人。
自分の誕生日は忘れても、約束の時間は守る人。


ページの先頭へ