社長ブログ
2017年02月10日

こんな社長がいてくれたら!社長あるある

こんな社長がいてくれたら!社長あるある

リーダー98人の意外な共通点

夏目幸明 著

様々な社長の経営手法、世界観。そこにある共通点。起業し、もしくは社内で認められ、組織を引っ張るにあたって必要な資質とは。

例えば、モンサンクレールの社長 辻口博啓氏の言葉。

「一流」とは、読んで字のごとく一本の流れなんです。そして、群れている人間が、淀みながら一本の流れになることなどない。

要するに、群れている人間って、職場でも、「アイツがこれくらい働いているなら、オレもこれくらい」とか、他人を物差しにして自分をはかりますよね。そんな人間が突出することなんてあり得ないでしょ?逆に「一流」と言われる人物は、自分だけの高みを目指してます。周りの人間なんか見えてない。

自分が感じたこと、考えたことを至上のものとして生きているから、他人から見て奇異であっても構わない。


ページの先頭へ