社長ブログ
2016年10月29日

基本とは一体何なのか?

「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?実践編」
戸塚隆将 著

おもしろく読みました。

「何事も『基本』が大事」
基本とは一体何なのでしょうか?

この本では、次の3つで表現しています。

・成果を大きく左右する本質的で重要なこと
・多くの人が既に知っていること
・継続的に実践するのが難しいこと

この3つ目がポイントで
継続的に実践できてこそ成果に結びつくもの。それこそが、「基本」です。

そして、基本の実践をするために必要なこととは、「基本」を実践する自分自身を後押しする内面の力に、一人一人が自ら積極的に働きかけ、その力を最大限に活用する、ということ。

この内面の力を動かすのは、3つ。
・自分はやればできる、という「自信」
・自分が率先して貢献しよう、という「責任感」
・自らが設定した「高い目標」に向かう信念

この3つは相互に影響しあっていて、「自信」が深まれば、「責任感」が強まり、「目標」が高くなる。
「責任感」が強まれば、「目標」達成に一歩近づき、結果「自信」がさらに深まる。
「高い目標」に向かい、小さな成果を積み上げることで、「自信」がさらに増していく。この3つの要素が好循環が生まれていく。

 

%e5%9f%ba%e6%9c%ac


ページの先頭へ