社長ブログ
2016年10月21日

アスリートも実践している「マインドフルネス」で、集中力を高めよう!

会計事務所から5分の「マインドフルネス」で集中力を高める方法を教えてもらいました。

短時間で脳の疲れが回復し集中力が高まるという「マインドフルネス」が、注目されています。様々なやり方がありますが、5分でできる方法を紹介。

——————–

ステップ1

姿勢を整える

 椅子に浅く座り、へその下に力を入れ背筋をピンと伸ばします。目は開けた状態でも閉じた状態でもよし。

——————-

ステップ2

呼吸を整える

4つ数えながら鼻から吸い息を止めて7つ数え、8つ数えながら鼻から吐ききります。吐く時間を長くすることで心身をリラックスさせる効果がありまうs、

——————-

ステップ3

心を整える

仕事や家族のことなど様々な想念が浮かびますが、「呼吸のみ意識を集中→想念が浮かぶ→浮かんだ内容を認識する→意識をまた呼吸に戻す」これを繰り返します。日常生活や仕事においても、態度や気分をコントロールしやすくなります。

【ジョコビッチもスティーブ・ジョブズも実践】

マインドフルネスは瞑想から宗教的要素を抜き取った、言わば「科学的瞑想」です。脳の疲れをリセットして集中力や記憶力を高める、世界的に注目を浴びている新世代の脳トレーニングの方法で、2007年にアメリカのGoogle本社で導入され、その効果が科学的に実証され様々な企業で取り入れられるようになっています。


ページの先頭へ