社長ブログ
2016年07月18日

これからの「顧客の選択基準」で最も重要なもの

「感性」のマーケティング 小阪裕司 著

これからの「顧客の選択基準」で最も重要なもの、という項目に書かれていました。

お客さんにとって、以前は合理性が重要な顧客の判断基準だった。つまり、「どこで買うと得なの?」「どこで買うと便利なの?」ということのほうが、お客さんの感性上優位、心理的な快だったのだ。しかし、今は違う。大切なことは関係性、「誰から買うと嬉しいか」なのだ。
今の顧客はそういう意味で、非合理的な判断をする。人はときとして、そして今後より一層、感性に照らして非合理的な判断をする。なげなら、感性は、人の快は、非合理的な方向に振り子が向いているからだ。


ページの先頭へ