華麗なるギャツビーと新・巨人の星

photo

「ぼくなら無理な要求はしないけどな。過去はくりかえせないよ」

「過去はくりかえせない? もちろん、くりかえせますよ!」

何かを取り戻そうとしているのだ。

ディズーを愛するようになった何か。おそらくは、自分に対するある観念とでもーー。

 

映画「華麗なるギャツビー」が、先週6/14(金)公開になりました。

学生時代、米文学を専攻していた故に、翻訳でも原書でも何度も読んで

今でも書棚から片付けることのできない書籍のひとつ。

 

そして、「華麗なるギャツビー」といえば、上記のフレーズがとっても有名。

 

 

原作者のフィッツジェラルドやヘミングウェイら、1920年代のアメリカの作家群は

ロストジェネレーション(失われた世代)といって、、、、

と、この手を話しをはじめてしまうと、止まらなくなるので、やめておきますが

ロバートレッドフォード主演の「華麗なるギャツビー」(1974年)が

今回レオナルド・ディカプリオで、3Dで。。。

ストーリー的には、地味なんですけどね。よくぞここまで派手にできたな、と。。。

 

本質的にわかりあえない人々。表面的に上すべりしている会話。

別々な方向を見つづけて、永遠にクロスせず。

ロマンティックであろうとするのに、ロマンスにシニカルという二重性。

 

米文学って、なーんか空虚感が強いんだよなと思っていたのを

また、思い出してしまいました。

 

気を取り直して、同じアメリカ文学のミッチェルの「風と共に去りぬ」でも

読もうと思いましたが、長編を読む気力は、今ないので、コミックにしました。

 

そしたら、「新・巨人の星」が無性に読みたくなり。。。

これ、おもしろい! 実存ではありえへんキャラ満載でおもしろい!

 

 

「華麗なるギャツビー」と「新・巨人の星」の共通項を探すとすれば

思い込みが強くて、目的目標に向かってどんな手を使っても突っ走る男子!!

といったところでしょうか。

実害がなければ、見てる分には、こういう男子、おもしろいですよ。

photo-1