小児科専門医を訪ねて -郡山市 安積 / 小児科 急性胃腸炎-

冬の急性胃腸炎について

担当医 二宮 規郎

 

冬期間におきる比較的重い胃腸炎は、ロタウイルス胃腸炎と小型球形ウイルス胃腸炎の2つがあります。

①ロタウイルス胃腸炎

本症はロタウイルスによる急性胃腸炎で、乳幼児が発病することが多く、高

熱、嘔吐、下痢を主症状とします。ロタウイルスは腸管内で増殖し、

この病気は白色の便が特徴で、約半数の患児で見られます。

そのため白色便性下痢症、小児仮性コレラ、

嘔吐下痢症とも呼ばれています。

本症は比較的症状が重く、嘔吐、下痢により、

脱水症状をおこすことが多く、家庭内での水分補給が大切です。

嘔吐が続く時や、脱水症状が強い時は点滴や入院の治療も必要となります。

症状は5~7日間で改善します。

 

②小型球型ウイルスによる急性胃腸炎

このウイルスはノロウイルスとも呼ばれており、

人に感染して嘔吐や下痢をおこし、食中毒原因の1つでもあります。

生カキなど加熱していない貝類の摂食によって発病します。

 

■ あさかホスピタル

TEL. 0120-46-1701

〒963-0198

郡山市安積町笹川字経坦45

・http://www.asaka.or.jp/

・info@asaka.or.jp

 

*詳細は、まいみん彩(12月25日)発行をご覧ください