心と体の本当の関係 スピリチュアル健康生活 -郡山市 富久山-

 

子供の胎内記憶(赤ちゃんは、親を選んで生まれてくる)

 

年初、相談室に若いお母さんから相談がありました。

「4歳になる息子が生まれる前の話をする。」との相談でした。

「生まれる前にお母さんを知ってたよ。」「お父さんは病気で苦しんでたよ。」

と死別したお父さんのことまで話をしていました。

これは珍しい事例ではなく、

胎内記憶について著名な池川明医学博士(胎内記憶の著書多数、全国講演活動)

の調査によると、子供の3割には胎内記憶があり、

親が注意して聞けば何らかの記憶を話すようです。

特に、生まれる前に雲の上からお母さん、お父さんを見ていたという記憶は多く、

「兄弟でどちらが先に生まれるか話合っていた」

「お母さんにお父さんを選ぶよう、声をかけていた」中には、

父母の学生服や髪型まで正確に言い当てる3歳児もいました。

また、調査の中で、生まれる前に子供が親を選んだ理由にも驚かされます。

親を選ぶ1番目の理由が「優しい」だそうです。

ただ「生まれてみたら違った」という子も多かったそうです。

そして2番目が、驚きですが

「悲しそうな、辛そうなお母さんを助けたいから」だったそうです。

相談に来た子供に「生まれる前にお母さんをどう思っていたの?」と聞くと、

「お母さん、いつも泣いてたね。お母さんが、

お父さんと離れ離れになるのは知ってたよ。

そして、僕を叩くのも全部わかってたよ。

でも僕が生まれたら、お母さんが頑張れると思ったんだ」

と話していました。子供は親を選んでくれています。

何があっても一緒に乗り越えられます。

 

■ 幸福の科学 スピリチュアル相談センター

TEL. 024-931-3270 FAX.024-931-3272

MAIL.koriyama@sibu.irh.jp

郡山市富久山町八山田字前林11-18

 

* 詳細は、まいみん彩(11月27日)発行をご覧ください。