受験生のカレンダー -郡山市 /受験 自信-

「自信を持つ」ということ

 

いよいよ冬本番。防寒着で武装しても顔が寒い…

それでも空気が澄んで張りつめた感じは、この季節ならではの良さですね。

さて、受験生の皆さんは、ふとした瞬間に「いよいよだな」と気を引き締めて

いるのではないでしょうか。

受験生を励ます言葉に「自信を持って!」というのがあります。

自信を持って本番に臨めたら理想的です。

そこで今回は、「自信を持つ」にはどうすればいいかをお話しします。

自信がある人ってどういう人でしょう。

成功した人、というイメージはないですか?

つまり自信は過去の成功に対して感じる気持ち、というイメージです。

ところが「自信を持って!」という言葉にはたいてい

「ここまでがんばってきたのだから」という前置きが付きますよね。

お気づきですか?逆なのです。

結果を出したから自信が持てるのではなく、自信があるから結果を出せるのです。

結果を出すには「いけそうな気がする」、という自信が必要です。

その自信は、自分がやれるだけのことをやっているという実感からしか生まれません。

まだ「いけそうな」気がしない人は、

日々の過ごし方を今一度チェックしてみてください。

目一杯がんばれていますか?

自分をほめてあげられるような日々を積み重ねていけたら、

必ず「いけそうな」気分でその日を迎えられます。

そうなってこそ成功の条件が整うのです。

 

* 詳細は、まいみん彩(11月27日)発行をご覧ください。