スポーツトレーナーのお話 -郡山市 富久山/整体-

シンスプリント

 

シンスプリントとは脛骨内側部(骨膜)の痛みの総称です。

症状初期は、運動時のみに軽い鈍痛から始まり散発的なものなので、

大した事はないと思うことがほとんどです。最初に骨の痛みのようなものを感じますが、

痛みの元は骨を覆っている骨膜が炎症を起こしているものです。

ですから、シンスプリントは「初心者病」とは違います。

皆さんがよく言うスプリント…実は、脛骨周辺筋の疼痛の事です。

疼痛は下腿内側に位置する脛骨の下方3分の1の所(足のアーチを形成して働く筋の起始部)に発生し、骨折したときの様な激痛ではなく、鈍痛なのが特徴です。

痛みは、脛骨に沿ってうずく様な痛みがあり、筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。

ある1点に痛みが集中している場合には、疲労骨折の可能性もあります。

多くの場合、運動開始時に現れ、その後消えて、運動終了後に再び痛みが戻ってきます。

症状が進むと、段々ひどくなり運動最中にも続くようになります。

最終的には、日常生活の最中にも痛みが伴うようになります。ストレッチ等を怠ると、

疲労骨折になる確率が高まります。

硬い地面を走ったり、ジャンプしたり、使いすぎ(オーバーユース)によるもの、

悪いランニングフォーム、足に合わないシューズ、クッション性のないシューズ、

筋肉の酷使、筋力不足、柔軟性不足、アーチの低下、偏平足、回内足など、

原因はいろいろと考えられますが、練習量が多くなる事でも発生します。

基本的に身体を動かすなどの運動においても十分に筋力が整っていないうちに

激しい運動をすると起こりやすいです。

治療法としては、長期間安静にし脚を休める事です。

その間、足以外に動かせる所はトレーニングをし、コンディションをキープします。

運動を再開するときにコンディショニングができていないと

再発する可能性があるからです。もし、どうしても練習を休めない時は、

入念なストレッチをして柔軟性をあげたり、患部をアイシングしたり、

アーチをあげるテーピングなどが効果的です。

当院では、アーチサポートテーピングで対処しています。

 

■ MSTスポーツ整体院

TEL.024-933-6816

郡山市富久山町久保田字上野109-1

□営業時間/午前10:00~12:00

午後2:00~9:00

□定休日/日曜日(予約優先)

 

* 詳細は、まいみん彩(11月27日)発行をご覧ください。