気になる歯のはなし -郡山/歯周病-

お口とカラダの密接な関係

 

歯周病は成人の7割以上がかかっており、かつては「歯が抜ける病気」

と思われていましたが、近年の研究で全身の病気にも影響を及ぼすことが

分かってきました。

特に糖尿病とは密接な関係があり、歯周病がある人は症状が良くならない

ばかりか悪化してしまう事も!

歯周病はプラーク(歯垢)の中の「歯周病菌」により歯を支えている

組織が壊れていく病気です。

歯周病は細菌感染による炎症ですが、増殖した細菌は

「炎症を引き起こす物質」を生み出します。

そしてこの物質により、糖尿病患者ではインスリンの働きが阻害され糖尿病が悪化。

その状態が続くと体の抵抗力が下がり歯周病菌がますます増え、

歯周病もさらにひどくなるのです。

歯周病の治療をした患者さんの場合、歯の状態が良くなると

血糖コントロールも改善されてきます。

歯周病治療によって、インスリンが働きやすい状態になるのです。

さらに歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、

心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという研究報告もあります。

歯周病菌は血液に含まれる血小板の中に入って血管の中を移動します。

その際に出す毒素は血小板や赤血球を集めて塊にしてしまうことが

実験でわかってきました。

これが心臓の近くで起これば心筋梗塞、脳の近くで起これば脳梗塞

となる可能性があります。

歯周病を防ぐことは、糖尿病の悪化を抑え、心筋梗塞・脳梗塞の予防、

ひいては全身の健康にもつながるのです。

 

■郡山歯科医師会 印南歯科病院

印南 和由

 

* 詳細は、まいみん彩(10月23日)発行をご覧ください。