いきいき健康づくり -郡山/南東北病院 心疾患-

心疾患と運動

 

心疾患に運動は良くない、と考える方が多いと思います。

しかし最近、必要以上の安静で全身の筋力や筋持久力の低下により、

身体を虚弱にさせます。

弱い心臓にさらに負担をかけてしまうとも言われており、

心疾患があっても、適度な運動が必要とされています。

適度な運動とは、具体的にどんな運動かというと、

力まずに全身を使った運動、例えばウォーキングなどがいいと思います。

息が軽く弾む程度であれば、心拍数や呼吸数を極端に増やさずに、

心臓への負担は少なくすみます。

もちろん、息切れや動悸、倦怠感、むくみ、呼吸苦などの

自覚症状があるときは、心臓からの危険なシグナルと考えて、

運動を中止するか、控えて下さい。

また、血圧や脈拍、体重など、自分の体のことを気にすることも

運動するときの重要なポイントとなります。

 

■総合南東北病院

理学療法士

心臓リハビリテーション指導士

舟見 敬成

 

* 詳細は、まいみん彩(10月23日)発行をご覧ください。