花咲く、郡山。

花粉症の方にはお辛い季節ですね。

 

63101919540qz1.jpg私は、家の裏山が杉山にも関わらず

花粉症ではないのですが、

花粉症は突然やってくるということなので、

私もひとごとではないと

“鼻呼吸”を心掛けています。

(こんなんで本当に防げるかしら?)

 

さて、郡山を歩いていると、あちこちの木々が

白、

 桃色、

  黄色、

と、うつくしい花をつけ始めています。

 

以前、知人に

「何故、落葉樹は冬になると自らの葉を落とすのか。」

とクイズを出されたことがあります。

その答えは

「冬を耐え抜くために不要なものを省く。」

というものでした。

 

私の答えは

「葉を落とし、腐葉土となって自らを育てる。」、

 

また別の知人は、

「雪の重みで木が折れないために、表面積を小さくしている。」

という答えでした。

 

どれが本当の答えか、それは木にしかわからない。

どれも答えではなくて、

私たちが想像もしないような答えがあるのかも知れないですね。

 

う~ん、木になる。(気になる。)

 

なんちゃって。

 

・・・。

 

冬を耐え抜いた木々を

ゆっくり愛で、観察、鑑賞したいと思います。

 

今日のミル兄さんもすてきです。

春も似合います。

男、ミルクさん、荒野をめぐる。
4512821315qz1.jpg