深いいぃ、話。        

  「最近捨てられた、人懐っこいかわいい猫いるよ!」



     と言う、
猫仲間の一言から始まった。

 

  早速、見に行ってみると、

     まん丸顔の彼がそこにいた。

  まるで人間のような顔に見えた。

 

  1週間ほど前にそこに捨てられたそうで、

     3日、4日同じ場所で、

  雨にうたれて声がでなくなるほど

]   鳴き続けてい  たそうです。

 

  そんな話を聞いていたせいもあるが、特別な存在に思えていたのは確かだった。

 

 

  休みのたびに彼に会いに行く日々が続いた。   

 

 


549320441qz2[1].jpg  そして1カ月ほどした初冬のある雨の日の夕方、

  彼は雨でびしょ濡れになってたたずんでいた。

 

  12月ということもあってかなり寒い、

 

  丸くなって凍えている彼を、少しでも暖めてあげよう

  と、車に乗せ濡れた体を乾かしてあげていた。

 

  彼は膝の上で、気持ちよさそうに寝てしまった。

 

  どれくらいの時間が過ぎただろうか、帰ろうとして彼を外にもどした。

 

  しかし、彼はまた車に乗ってきて、膝の上にのってくるのだ。

 

  もう彼を残して帰ることなどできなく、そのまま猫グッツを買って帰ることにした。

 

  12月5日のことでした。

 

 

  その猫の名は「ミル」そんなこと彼は今でも覚えているのだろうか?

 

 

 

これは、ミル兄さんとご主人の出会いのお話です。 
4.jpg 

本物の親子のように、心と心でつながっている親子。

 

運命ってあるんですね。

 

新人山口の愛猫スネ夫も捨て猫でした。

 

皆さんにもすてきな出逢い、繋がりがあるんだろうなぁ。