福島県印刷工業組合新年会と福島県司法書士会新年会がありました

1/21(金)は、ダブルで新年会がありました。

こうした会合では、さまざまな方のあいさつを聞きます。
その所作を見たり、内容を聞くこともたいへん勉強になります。

今回のそれぞれの新年会で共通の内容がありました。
「縮小の時代には、質が向上する」

今までの日本の歴史をみると
人口の減少、経済の縮小など、社会的に「小さくなる」ときには
かならず「質の向上」がみられたそうです。

縄文後半、鎌倉時代、江戸後半、そして今。
過去3回は、日本文化が成熟していった時期でもあるということなのです。

膨張、あるいは飽和した後は、さまざまな淘汰がおこります。
そして、ほんとうにいいものだけが残っていく。
こう考えると、これからの時代の展開が楽しみになります。

小さくなることは、悪いことじゃない!
会社にも文化があります。
なにか良いヒントをもらったような気がします。

by
福島カラー印刷 http://f-color.biz/
フォロミー http://twitter.com/f_COLOR
yw_fun1