本をつくること、思いをカタチに。出版を考えてみましょう

ネットの普及や電子書籍の到来で
新聞、テレビ業界と同様出版社もたいへん、
という話は頻繁に聞きますが

現在日本には約4000社の出版社があり
年間約75000冊(テーマ)の本が出版されます。
年間約7万冊ということは、1日に200冊。。
すごい数ですよね。

最近の傾向としては、
ソフトカバーの新書サイズのもので、定価が1000円以内のもの。
テーマがタイトルになっているもの。
いわゆるプロの作家だけでなく、本業を他にもつアマチュアのひとの執筆によるもの。
つまりプロアマ問わず、アイディアや視点のいいものがはやっているそうです。

こうしたなか、
「本」というカタチにして作品をのこす出版が、一般の方にも
注目されてきています。
小説、エッセイ、実用書、評論、旅行記、自伝、句集、闘病記、写真集、絵本 etc

100〜500部といった少ない部数での出版のしくみも、
今では十分ととのってきてることが
出版を身近にする要因となっています。

当社でも、出版に関するご相談をお受けしています。
自費出版から全国出版まで。
「書くことと話すことは同じ。言葉を使って誰かになにかを伝える作業」
作品をカタチに残すこと。
ぜひ、ご相談ください。

by
福島カラー印刷 http://f-color.biz/
フォロミー http://twitter.com/f_COLOR
yw_fun1